本文へスキップ

大分短期大学園芸科は農業と園芸を学ぶ短期大学です。

TEL. 097-535-0201(代)

〒870-8658 大分市千代町3丁目3番8号


学校法人平松学園
大分短期大学 園芸科

カリキュラムSERVICE&PRODUCTS

カリキュラムマップ

カリキュラム・マップは、授業科目と学習成果(卒業までに身につけるべき能力)の関係を示した表のことです。
 卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、各科目が学習成果のどの項目と関連するのか、学習成果の達成にどの授業科目が寄与するかを示しています。

カリキュラムマップはこちら(PDF/871KIB)


大分短期大学の学成果習

(1)社会科学と自然科学に関する基礎的な知識を修得している(一般教養知識)
(2)社会科学と自然科学に関する基礎的な技能を修得している(一般教養技能)
(3)専門分野に関する基礎的な知識を修得している(基礎的専門知識)
(4)専門分野に関する基礎的な技能を修得している(基礎的専門技能)
(5)専門分野に関する応用的な知識を修得している(応用的専門知識)
(6)専門分野に関する応用的な技能を修得している(応用的専門技能)
(7)倫理観や社会的責任など生活や仕事で必要な基礎知識を修得している(社会的基礎知識)
(8)多様な他者を理解し協調・協働して課題に取り組むことができる(多様性・協働性)
(9)自ら課題を立て、課題解決に向けて計画し取り組むことができる(主体性・思考力・判断力)
(10)他者にわかりやすく且つ的確に物事を伝えることができる(表現力)


学習成果の定義

「学習成果」は、プログラムやコースなど、一定の学習期間終了時に、学習者が知り、理解し、行い、実演できることを期待される内容を言明したもの。「学習成果」は、多くの場合、学習者が獲得すべき知識、スキル、態度などとして示される。また それぞれの学習成果は、具体的で、一定の期間内で達成可能であり、学習者にとって意味のある内容で、測定や評価が可能なものでなければならない。学習成果を中心にして教育プログラムを構築すること により、次のような効果が期待される。
 ●従来の教員中心のアプローチから、学生(学習者)中心のアプローチへと転換できること。
 ●学生にとっては、到達目標が明確で学習への動機付けが高まること。
 ●プログラムレベルでの学習成果の達成には、カリキュラム・マップの作成が不可欠となり、そのため、教員同士のコミュニケーションと教育への組織的取組が促進されること
 ●「学習成果」の評価(アセスメント)と結果の公表を通じて、大学のアカウンタビリティが高まること。



学習成果の定義

「履修ガイドライン」を参考にして2年間の在籍中、自分の希望する進路に応じた科目を履修登録し、授業を受講します。「履修登録」とは自分が受講しようとする受講科目を届け出る手続きのことをいいます。
履修ガイドラインはこちら(PDF/813KB)




大分短期大学 園芸科

〒870-8658
大分市千代町3丁目3番8号

TEL;097-535-0201(代)
FAX;097-540-6509
E-mail;ojc@oitatandai.ac.jp