本文へスキップ

大分短期大学園芸科は農業と園芸を学ぶ短期大学です。

TEL. 097-535-0201(代)

〒870-8658 大分市千代町3丁目3番8号


学校法人平松学園
大分短期大学 園芸科

FAQNEWS&FAQ

FAQ


願書について

Q.希望コースはどのように決めたらよいですか。

A.❝園芸コース❞は造園、JA、花屋などの企業へ就職を目指すコースです。❝農学コース❞は農学または林学を学び、国や地方公共団体(公務員)への就職を目指すコースです。❝編入学コース❞は専門性を高めたいと希望するものが国立大学農学部等への3年次編入学を目指すコースです。❝園芸コース❞か❝農学コース❞のどちらか一方を選択した上で重複選択をします。

Q.平松奨学生は願書の提出後でも申請できますか。

A.出願後の申請はできません。また合格後の申請もできません。ご希望の場合は必ず願書にある平松奨学生記入欄に丸をつけ、所得証明書を添付して出願してください。





学校について

Q.普通高校の在学生です。専門の勉強をしていないので、大学での勉強についていけるかどうか不安なのですが。

A.目的意識をしっかりと持っていることと、植物が好きであれば、最初は少し難しいですが、少しづつ慣れていきます。


Q.希望コースによって受講できる科目、取得できる資格に違いはありますか。

A.違いはありません。各コースには専門分野別に履修ガイドラインを設けています。これらの専攻分野以外でも興味関心のある科目についてはコース・専攻に関わらず履修することができます。資格取得も同様です。





資格について

Q.資格の取得については指導してもらえるのですか?

A.資格については入学式直後にあるオリエンテーションで資格のガイダンスがあります。又、資格試験の願書提出  の際には不備がないか個別に指導します。提出後は補習などの講座が組まれ、受験する学生は受講します。それ  以外にもカリキュラムにおいて資格に関するものがあります。





就職について

Q.就職先はどのようにしてみつけるのですか?

A.毎週行われるキャリアアップセミナーで進路指導しています。そして、ゼミの先生や家庭などとも相談しながらどのような方面に就職するのかを決定していきます。大分短大は少人数制ですから1人ひとりの進路に個別に対応しています。。


Q.就職はいつ頃から始めますか?

A.まず、1年生の夏休みぐらいまでに進路をはっきりと決めます。夏休みなどにインターンシップをして実務体験をしておくことも良いでしょう。1年の12月にはエントリーシートの書き方、面接の対応について指導していきます。1月頃には会社説明会があるので、積極的に参加するようにします。そのために、就職ガイダンス、就職相談があります。そして、1年生の冬休みや春休みに会社等を訪問し、夏休みアルバイトをさせてもらい決定する学生もいます。年々活動の時期は早くなっています。





研究室および研究について

Q.貴学の特色のひとつである園芸研究ゼミナールはどんなものですか?

A.ゼミナールは、学生の自主性を促す実践的な学習活動です。学生は自分で学習テーマを設定し、自分で計画立案し自分で実際に実験実習をし、その結果を自分で考察し、’研究報告’をまとめあげます。本学では単なる講義のような受身の学習では創造性や自主性は育たないとして、園芸研究(ゼミナール)が、中心となっています。毎年3月に学生研究報告として、冊子にまとめられています。


Q.ゼミにはどんなテーマがありますか?

A.学生が自ら選んだテーマを見ていくと、バイオテクノロジー関係の研究に人気が集まる傾向がありますが学生の独自の発想による個性的なテーマも多いです。ミニトマトの果実糖度向上に関するテーマ、レタスの水耕栽培に関するテーマ、切り花ハボタンの栽培に関するテーマ、カキの脱渋に関するテーマ、取り木に関するテーマ、ムギ新品種の特性に関するテーマなどです。詳細は研究テーマ一覧を見てください。



バナースペース

大分短期大学 園芸科

〒870-8658
大分市千代町3丁目3番8号

TEL;097-535-0201(代)
FAX;097-540-6509
E-mail;h-tandai@po.d-b.ne.jp